健康経営への取り組み

1.健康経営宣言

中京銀行では、働きがいや活気に満ちた組織へ進化し続け、お客さまと地域社会の創造に貢献し続けるために従業員とその家族の健康が重要な財産ととらえています。
多様な人材が心身ともに健康で、一人ひとりが能力を発揮できるよう従業員の健康維持・増進を図っていくことを宣言します。

株式会社 中京銀行
取締役頭取 永井 涼

2.健康経営推進体制

健康経営推進責任者である人事部担当役員の指揮の下、人事部ならびに産業医・保健師、各部の責任者が委員を務める衛生委員会が推進主体となり、健康保険組合としっかり連携をとりながら、健康経営に取り組んでいます。

健康経営推進体制

3.主な取り組み内容

  • (1)生活習慣病予防と疾病の早期発見
    生活習慣病を予防するため、定期健康診断だけでなくメタボ健診で知られる特定健診にも重点を置いています。この健診の目的は健診結果をもとに保健指導を行うことで、生活習慣病のリスクがある方の生活習慣を見直すきっかけとなっています。
  • (2)メンタルヘルスケア
    2016年度より全従業員のストレスチェックを実施しています。メンタル不調者向けのカウンセリングセンターや電話・メールなどのホットラインを設置し、対応しています。
    また、新任管理職・新入行員研修会ではメンタルヘルス研修を実施するなど、職場におけるメンタルヘルス対策にも取り組んでいます。
  • (3)受動喫煙対策
    受動喫煙防止を目指す改正健康増進法(2020年4月1日施行)に合わせ、2019年9月1日から「敷地内全面禁煙」を実施。当行の全施設の敷地内・建物内を全て禁煙とし、受動喫煙防止に努めています。
  • (4)働きやすい職場環境の整備
    ・時間外労働の削減
    働き方改革に向けた施策として、本部・営業店とも在店(館)時間を午前8時から午後8時までとする「8-8ルール」を2016年度に導入。管理監督者も含めて全行的に取り組んでいます。
    ・年次有給休暇の取得奨励
    従業員の十分な休息とワーク・ライフ・バランス推進の一環として、年次有給休暇の取得を促進しています。
  • (5)その他の取り組み
    ・インフルエンザ予防接種の費用補助
    ・治療に専念できる療養休職制度の充実(契約社員へも対応)

以上