金融機関コード:0544

お知らせ

「お取引時確認」が不要な取引の追加について

戻る

2017年04月25日

  平成28年10月1日の犯罪収益移転防止法の改正により、学校(参考に記載の学校)に対する入学金、授業料等が「お取引時確認」不要なお取引とされましたが、犯罪収益移転防止法施行規則が一部改正されたことに伴い、平成29年4月1日よりさらに下記のお取引の「お取引時確認」が不要となりましたのでお知らせいたします。

 下記に該当しない場合には、引き続き「お取引時確認」が必要となりますので、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

【お取引時確認が不要と変更されたお取引】

入学金・授業料等

専修学校の高等課程、専門課程に対する入学金・授業料等の10万円超の現金振込

お取引時確認を不要とするためには

振込依頼書に学校名の他に「高等課程」または「専門課程」と記載があることが必要ですので振込の時には記載があることを確認していただくようお願い申し上げます。

参 考

今まで入学金・授業料等の振込でお取引時確認が不要とされていた学校

小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学(大学院)高等専門学校