金融機関コード:0544

ニュースリリース

第16次中期経営計画の取組状況 ~金融仲介機能のベンチマークの視点から~

戻る

2017年10月31日

中京銀行(頭取 永井 涼)は、2015年4月にスタートさせた第16次中期経営計画の取組状況について、2017年3月末時点の状況を金融仲介機能のベンチマークの視点から取りまとめましたので、お知らせします。

第16次中期経営計画では、「感謝の心で地域にこたえる」をテーマに、揺るぎない経営基盤を確立すべく「人材基盤」「顧客基盤」「財務基盤」の基本戦略のもと諸施策を展開し、人材育成による行員一人ひとりの能力アップ、情報提供機能やコンサルティング能力の強化、目利き力や事業性評価能力の向上などの施策に取り組んでおります。

当行は、経営ビジョンの目指す姿である「いちばんに相談したい銀行」の実現に向け、多様化する地域のお客さまのニーズに感謝の気持ちをもってお応えし、地域経済の発展や活性化に貢献できるよう金融仲介機能を強化してまいります。

「第16次中期経営計画の取組状況~金融仲介機能のベンチマークの視点から~」はこちら

以上