金融機関コード:0544

ニュースリリース

名張市及び住宅金融支援機構東海支店との「名張市の空き家対策」に係る連携協定の締結について

戻る

2017年12月04日

 中京銀行(頭取 永井 涼)は、名張市(市長 亀井 利克)及び独立行政法人住宅金融支援機構東海支店(支店長 河田 崇)と「名張市における空き家の利活用及び未然防止のための金融支援に係る連携協定書」を下記の通り締結いたしましたので、お知らせします。
 本協定書により、名張市における「空き家対策」に対し、金融支援など相互の強みや特徴が活かせるよう連携・協力し「地方創生」に資する取組みを強化していくとともに、地域の活性化に一層貢献してまいります。
 なお、金融機関・自治体・住宅金融支援機構の三者による連携協定は全国初です。


連携協定書の内容

締結日 2017年12月4日(月)
目的 三者が連携・協力し、名張市における空き家の利活用及び未然防止に関する
対策を推進することを目的とする
連携・協力
の内容
1. 空き家の未然防止に関すること
2. 空き家の利活用の促進に関すること
3. 空き家の未然防止・利活用の取組に必要な情報の発信及びイベントの共催
   に関すること
※ 名張市の空き家対策として活用が想定されるローンは、別紙参照

以 上