金融機関コード:0544

ニュースリリース

大府市地域見守り活動に関する包括協定の締結について

戻る

2017年12月11日

 中京銀行(頭取 永井 涼)は、大府市(市長 岡村 秀人)と「地域見守り活動に関する包括協定」を締結いたしましたので、お知らせします。
 この協定により、大府市の地域見守りネットワークである「しなやかネット」をさらに機能的なものとするため、当行行員が業務中に高齢者等の異変や生活上の支障等に気づいたときには、大府市等に情報提供し、高齢者等を支える地域づくりへの協力活動に取り組んでまいります。
 当行は、各市町村との地域見守り活動に積極的に参加しております。今回の締結により、愛知県内17市2町、三重県内5市、奈良県内1市との間で、高齢者等地域見守り活動に関する協定を締結したことになり、今後も他の自治体で同様の取組みが実施される場合には、地域貢献の一環として引き続き積極的に参加してまいります。


1.実施目的
  大府市と当行が連携し、地域を見守る活動を通して、孤立死及び孤独死の発生の未然防止や、認知症による徘徊者の早期発見、地域での異変の通報などを行うことにより、地域住民の福祉の向上を図ることを目的とする。

2.対象店舗
  中京銀行 大府支店
  住所 大府市東新町二丁目180番地

3.協定締結日
  2017年12月11日

(写真中央:大府市 岡村市長、右:中京銀行 大府支店 荒木支店長)

協定書を締結している市町村および該当店舗はこちら

以上