マネー・ローンダリング及びテロ資金供与防止に係る基本方針

中京銀行(以下「当行」といいます)は、すべての業務を通じて、金融システムの健全性維持に努め、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与(以下マネー・ローンダリング等といいます)防止に取り組むため、次のとおり基本方針を定めます。

  • 1.組織態勢
    当行は、取締役会等、経営の主体的な関与のもと、関係する部署が組織横断的に連携し、マネー・ローンダリング等防止に取り組みます。
  • 2.法令などの遵守等
    当行は、関係法令等を遵守するとともに、リスクベース・アプローチの考え方に基づき、マネー・ローンダリング等のリスクを特定・評価し、実効的な低減措置を実行します。
  • 3.疑わしい取引の届出
    当行は、疑わしい顧客や取引等を的確に検知・監視・分析するとともに、疑わしい取引に該当すると判断した場合は、直ちに当局へ届出します。
  • 4.コルレス契約先の管理
    当行は、コルレス契約先の十分な情報収集に努め、その評価を適切に行い、コルレス契約先のリスクに応じた適切な対応策を講じます。
  • 5.役職員の研修
    当行は、マネー・ローンダリング等防止態勢の実効性確保のため、役職員が専門性・適合性を維持・向上させていくために必要な研修を継続的に実施します。
  • 6.実効性の検証
    当行は、マネー・ローンダリング等防止態勢の実効性検証のため、各部門に対する定期的な検証及び監査を行うとともに、その結果をふまえて、さらなる実効性の向上に努めます。