ニュースリリース

金融仲介機能の発揮に向けた取組み~金融仲介機能のベンチマークの状況~

戻る

2018年08月16日

中京銀行(頭取 永井 涼)は、金融仲介機能の発揮に向けた取組み状況を取りまとめいたしましたので、お知らせします。
 2018年4月にスタートさせた第17次中期経営計画「中京アクションプラン17」では、“都市型地銀としての更なる成長へ”をテーマに、営業力の強化、生産性の向上、人材育成の3つの基本戦略のもと、相談力の向上や中小企業向け貸出の増強、目利き力・コンサルティング能力の向上など金融仲介機能の強化に取り組んでおります。
 当行は、経営ビジョンの目指す姿である「いちばんに相談したい銀行」の実現に向け、高い専門性と魅力ある商品やサービスの提供、MUFGグループとの連携など質の高い金融サービスを通じてお客さまのニーズにお応えすることで金融仲介機能を発揮し、地域経済の発展や活性化に貢献してまいります。

金融仲介機能の発揮に向けた取組み~金融仲介機能のベンチマークの状況~はこちら

以上