金融機関コード:0544

シンジケートローン

シンジケートローンとは

シンジケートローンとは、お客さまの資金調達ニーズに対し、アレンジャーとなる銀行が、複数の金融機関を取りまとめてシンジケート団を組成し、同一の契約書・同一の条件でご融資を行う形態をいいます。

シンジケートローンの仕組み

シンジケートローンのメリット

まとまった資金を複数の金融機関から調達

大型の設備投資など、まとまった資金を必要とされる場合に適した調達方法です。

事務の省力化・効率化

融資条件の交渉などがアレンジャーとの交渉だけでよく、窓口がひとつになることで効率化がはかれます。同様に、期中の銀行対応もエージェントのみと行えばよいため、事務の省力化につながります。

取引金融機関の拡大

新規金融機関がシンジケート団に参加する場合、調達窓口が広がります。

シンジケートローンの種類

  • タームローン(証書貸付)
    中長期の運転資金・設備資金に対応します。コミットメント期間付など柔軟な設計が可能です。
  • コミットメントライン
    あらかじめ定められた期間・お借入限度額の範囲内であれば、いつでもお借り入れができる融資枠です。(ご利用には、資本金などの要件を満たす必要があります。)

ご留意事項

  • 手数料が必要です。(アレンジメントフィー、エージェントフィーなど)
    手数料の金額は、提供するサービスに応じて異なります。
  • ご利用にあたっては、当行および参加金融機関による所定の審査が必要です。