学資保険

⼤切なお⼦さまやお孫さまのために教育資⾦をためるなら「学資保険」

保険商品のご検討にあたっては、右記保険募集指針を必ずご覧ください。

教育にかかるお金

大切なお子さま、お孫さまの将来には、成長にともない、必要となるお金もふえていきます。では、お子さまの教育に実際にかかる費用を知り、計画的に資金用意を進めましょう。

学校種別にみた学習費総額(お子さま一人当たり)

図:学校種別にみた学習費総額(お子さま一人当たり)

出典:文部科学省「子供の学習費調査(平成26年度)」日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果(平成27年度)」

学資保険のメリット

学資保険とは

学資保険とは、お子さまやお孫さまの将来のために教育資金を計画的に用意することができる保険です。

1お子さまの進学の時期にあわせて
保険金を受け取ることができます。
2原則として親が契約者、子どもが
被保険者になって契約します。

お支払方法

保険料を払い込みいただく期間をお選びいただけます。

【ゆっくり払い込みたい方】
図:【ゆっくり払い込みたい方】
月額の保険料が【早めに払い込みを終える】商品に比べ安いものが多いため、月額の負担をなるべくへらしたい方におすすめのタイプです。

【早めに払い込みを終えたい方】
図:【早めに払い込みを終えたい方】
月額の保険料は【ゆっくり払い込み】商品に比べ高くなりますが、払込終了までの期間が短いため、当面使えるお金を確保できそうな方におすすめのタイプです。

【一括で払い込みを終えたい方】
図:【一括で払い込みを終えたい方】
全部の期間分の保険料を保険会社に預け、毎月保険会社がその預り金の中から保険料を支払っていくタイプです。

お取扱商品

以下の「お取り扱い商品」名をクリックすると引受保険会社のホームページにリンクします。リンク先のコンテンツは各引受保険会社が管理しています。

  • 移動先は、当行のホームページではありません。

保険商品の詳細については、必ず専用のパンフレット、契約概要・注意喚起情報、ご契約のしおり・約款をご覧いただくとともに、保険販売資格を持つ当行の生命保険募集人にご相談ください。
パンフレットなど詳細資料については、0120-68-0892(受付時間/銀行営業日9:00~17:00)までご請求ください。

ご留意事項

  • ご検討にあたっては、商品のパンフレット、契約概要・注意喚起情報、ご契約のしおり・約款などの資料をお客さまご自身で必ずご確認ください。
  • 保険商品は、引受保険会社が引き受けを行う保険商品であり、預金ではありません。当行は、募集代理店として、契約の媒介を行いますが、契約の相手方は、当行ではなく、引受保険会社となります。
  • 保険商品は、預金保険の対象ではありません。
  • 保険商品は、当行による払込保険料相当額および利回りの保証はありません。
  • 引受保険会社が破たんした場合には、生命保険商品は生命保険契約者保護機構により保護の措置がはかられますが、ご契約の際にお約束した給付金額・年金額などが削減され、その結果、給付金額・年金額などが払込保険料相当額を下回る場合があります。
  • ご契約中の保険商品を解約した場合の返戻金が払込保険料相当額を下回る場合があります。
  • 保険商品には給付金をお支払いできない場合があります。
  • 保険商品のお申し込みの有無がお客さまと当行とのほかのお取り引きに影響をおよぼすことは一切ありません。
  • 当行では借り入れられた資金(他金融機関でのお借り入れを含む)を前提とした生命保険商品のお申し込みはお断りしていますのであらかじめご了承願います。
  • 法令上の規制により、お客さまのお勤め先によっては当行で生命保険商品をお申し込みいただけない場合があります。
  • 生命保険商品のお申し込みに際しては必ず、当行の保険販売資格を持つ生命保険募集人にご相談ください。

保険商品のご検討にあたっては、右記保険募集指針を必ずご覧ください。

まずはお気軽にご相談ください!
保険についてのご相談・お問い合わせ

個人営業部 資産運用グループ

お電話でのご相談・お問い合わせ

フリーダイヤル 0120-75-0892

(銀行営業日 9:00~17:00)

中京銀行での取扱保険一覧

個人型確定拠出年金も取り扱っております。

  • 個人型確定拠出年金は保険商品ではありません。
個人型確定拠出年金 ご自身で積み立てた掛け金をご自身で運用可能。さらに「拠出時」「運用時」「受取時」に税制優遇が受けられます。