中京銀行プロフィール

正 式 名 称 株式会社 中京銀行
本店所在地 名古屋市中区栄三丁目33番13号
創   業 昭和18年2月10日
資 本 金 318億44百万円
預   金 1兆7,438億円
貸 出 金 1兆2,819億円
店 舗 数 88ヵ店(うちインターネット支店1)
従 業 員 数 1,269名

(2016年9月末現在)

中京銀行のあゆみ

昭和18年 2月 八紘無尽と紀勢無尽が合併し、八紘無尽株式会社を設立(本店三重県津市)
昭和20年 12月 本店を三重県名張市に移転
昭和23年 1月 株式会社太道無尽と商号変更
7月 宝無尽株式会社(本店名古屋市)の営業権を譲受
昭和26年 10月 相互銀行法の施行により株式会社太道相互銀行と商号変更
昭和36年 10月 名古屋証券取引所市場第二部に上場
昭和39年 2月 本店を名古屋市中区門前町に移転
昭和44年 5月 名古屋信用金庫と合併、株式会社中京相互銀行と商号変更
11月 本店を名古屋市中区栄三丁目33番13号に新築し移転
昭和45年 2月 名古屋証券取引所市場第一部に上場
11月 海部信用組合と合併
昭和47年 4月 名古屋商工信用組合と合併
昭和48年 10月 全店オンラインシステム完成
昭和50年 4月 外国為替業務取扱開始
昭和57年 5月 第2次総合オンラインシステム稼働
昭和61年 4月 資本金57億円に増資
6月 債券ディーリング業務開始
9月 預金量1兆円突破
昭和62年 12月 研修センター完成
昭和63年 6月 担保附社債の受託業務取扱開始
平成元年 2月 普通銀行へ転換、株式会社中京銀行と商号変更
11月 東京証券取引所市場第一部に上場
平成2年 3月 資本金144億6百万円に増資
平成4年 6月 第3次総合オンラインシステム稼働
12月 外国為替両替業務の全店拡大
平成5年 11月 信託代理店業務開始
平成8年 2月 年金受給者向け金利優遇定期「ほのぼの定期100」の取扱開始
平成9年 4月 インターネットにホームページ開設
平成10年 4月 全店で外国為替業務の取扱開始
12月 全店で投資信託の窓口販売を開始
平成11年 1月 郵政省とのATM提携開始
平成12年 5月 ATMの365日稼動開始
平成13年 1月 株式会社第三銀行とのATM相互開放の開始
4月 保険の窓口販売業務の取扱開始
平成14年 3月 UFJ銀行(現三菱東京UFJ銀行)を引受先とする第三者割当増資の実施、資本金318億円に
10月 個人年金保険の窓口販売の開始
平成15年 12月 中京ビジネスローンの取扱開始
平成16年 3月 法人向けインターネットバンキング〈中京〉ビジネスダイレクトの取扱開始
12月 証券仲介業務を開始
平成17年 5月 栄三越プラザ出張所をオープン
平成18年 4月 半田支店を新築移転オープン
平成20年 4月 第14次長期経営計画(“ひたむき中京・絆”計画)スタート
5月 奈良支店を新築移転オープン
6月 名西支店を新築移転オープン
平成21年 3月 第14次長期経営計画(“ひたむき中京・絆”計画)を改定
10月 徳重支店を開設
12月 大治支店を新築オープン
平成22年 5月 徳重支店を移転オープン
平成23年 6月 尾張旭支店を新築オープン
10月 基幹系システムをNEXTBASEに移行し稼働開始
平成24年 4月 第15次中期経営計画(for the 「NEXT STAGE」)スタート
4月 上野支店を新築移転オープン
平成26年 7月 鳴子支店を新築移転オープン
9月 岡崎支店を新築移転オープン
平成27年 2月 なごやめし支店(インターネット支店)をオープン
4月 第16次中期経営計画スタート
10月 下之一色支店と惟信支店を統合し、当知支店として新設開店