金融機関コード:0544

ニュースリリース

独立行政法人国際協力機構(JICA)中部国際センターとの「業務連携・協力に関する覚書」締結について

戻る

2017年02月15日

  中京銀行(頭取  室 成夫)は、独立行政法人国際協力機構(JICA)中部国際センターと「業務連携・協力に関する覚書」を締結いたしましたので、お知らせします。
  当行は、取引先の途上国での事業展開に際し、BOP(Base of Pyramid)ビジネスの展開や海外で活躍する人材の採用においてJICA中部との連携を行ってまいりました。
  本覚書を機に、当行は途上国への進出についてより身近に相談ができる体制を整えることで、今後も地域の中小企業の皆さまの海外展開に貢献してまいります。  

  1. 目  的  

途上国の開発に貢献することが期待される優れた技術・製品を有する中小企業の発掘及び海外展開の促進
海外展開による途上国の開発課題の解決と企業の競争力強化による地域の活性化

  2. 主な連携内容  

途上国のビジネス環境、及び域内中小企業の事業活動動向等に関する情報共有
中小企業が有する技術・製品のODAとの連携調査、及び事業計画立案支援
途上国で活躍するグローバル人材の紹介・育成支援
海外展開に関するセミナー、相談会の共同開催

  3. 国際協力機構概要  

名  称 独立行政法人 国際協力機構
Japan International Cooperation Agency (JICA)
所 在 地 東京都千代田区二番町5-25 二番町センタービル1F~6F
資 本 金 7兆9253億円(2016年3月末時点)
拠  点 海外91ヵ所、国内15ヵ所

  4. 締結日 2017年2月15日  

独立行政法人国際協力機構(JICA)中部国際センターとの「業務連携・協力に関する覚書」調印式

以 上